Keynoteの使い方ー完全解説

【5-1:ビルド・アニメーション】


Keynoteでプレゼン資料を作る、最初の手順を学習します。
初めての方にも解りやすいように、基本的な操作から解説していきます。
スライドの新規作成から、プレースホルダの役割、ファイル保存方法までを学習します。

【5-1:ビルド・アニメーション】
  • 【5-1:ビルド・アニメーション】
    今回は、Keynote(キーノート)のビルドアニメーションについて紹介します。
【アニメーション解説①】
  •  Keynoteには、スライドに動き(アニメーション)を加える機能があり、設定には2種類あります
  • 【アニメーション解説①】
    「ビルド」とは?
    テキスト・図形・写真等の「登場や消え方」を個別に設定するアニメーション効果です
  • 【アニメーション解説②】
    「トランジション」とは?
    次のスライドへ切り替える時に、スライド全体に設定するアニメーション効果です
「スライドとテキスト」を用意
  • ①素材となる「スライドとテキスト」を用意しました
【アニメーション】をクリック
  • ①画面右上の【アニメーション】をクリック
  • ②対象テキストをクリックで選択します
ビルド・インスペクタが表示されました
  • ①ビルド・インスペクタが表示されました
    【ビルド設定には、三種類あります】
  • ①【イン】=「登場」
  • ②【アクション】=「表示中に動きを追加する」
  • ③【アウト】=「消え方」
今回は【イン(登場)】を設定します
  • ①今回は【イン(登場)】を設定します
  • ②【エフェクトを追加】をクリック
  • 【用語解説】
    「エフェクト」とは?
    アニメーション(動画)に使用する映像効果のことです
ビルド・イン【エフェクト一覧】が表示
  • ①ビルド・イン【エフェクト一覧】が表示されました
  • ②好きな【エフェクト】をクリックで選択します
今回は【ムーブイン】を選択します
  • ①今回は【ムーブイン】を選択します
【エフェクトの詳細設定】が可能です
  • ①【プレビュ】をクリックで何度でも再生できます
  • ②【エフェクトの詳細設定】が可能です
     選択したエフェクトによって、設定項目は違います
  • ③今回は「エフェクト継続時間」を[0.8秒]に設定します
【ビルドアニメーション設定のコツ】
  • ①【プレビュをクリック】で再生すると、
     アニメーション時間が延長されたことを確認できます
  • 【ビルドアニメーション設定のコツ】
    エフェクト継続時間の変更で、印象は変わります。
    プレビュをクリックして何度も再生しながら調整します
【ビルドの変更と消去】
  • 【ビルドの変更と消去】
  • ①【変更】をクリックで「ビルドの変更」と「消去」ができます
  • ②「設定したビルドの消去」は、選択メニューの【なし】をクリック
ビルド・アニメーションは、図形にも設定できます
  • 【他のテキストや図形にもビルドを追加】
  • ①テキストに「レンズフレア」を設定
  • ②図形(線)に「レンズフレア」を設定
  • 【POINT】
    ビルド・アニメーションは、テキストだけではなく、図形にも設定できます
【Keynoteの強みはアニメーション①】
  • 【Keynoteの強みはアニメーション①】
    PowerPointとKeynoteアニメーションを比較すると
     Keynoteの方が特徴的なエフェクトが豊富です。
    ビルド・アニメーション機能を使って、
    動画のオーニングタイトル作成にも応用できます。
--------INDEX TOP-------

【第1章:スライド関連】

1-1:新規作成とファイル保存
1-2:テンプレートテーマと背景
1-3:スライドサイズと表示倍率
1-4:スライドの追加と複製
1-5:スライド順序の入れ替え
1-6:ルーラ表示と発表者メモ

【第2章:テキスト関連】

2-1:文字入力とテキスト編集
2-2:フォント種類とサイズ変更
2-3:テキストのカラー変更
2-4:文字の装飾とデザイン